2012年3月8日 16:00|ウーマンエキサイト

トム・ハンクスが明かす!『幸せの教室』は、自身の“キャンパス・ライフ”から生まれたストーリー!?

トム・ハンクスが製作・監督・脚本・主演のすべてを手掛け、ジュリア・ロバーツとの豪華共演で贈るハートフル・ストーリー『幸せの教室』。本作のストーリーは、トム・ハンクスが何年もの歳月をかけて作り上げたもの。ハンクスは高校卒業後、短期大学へ進んだがそこでの体験に衝撃を受けたと、作品の誕生秘話を語ってくれた。

トム・ハンクスが明かす!『幸せの教室』は、自身の“キャンパス・ライフ”から生まれたストーリー!?
ハンクス:70年代半ばの高度成長期で、人々には上昇志向があった。クラスには初老の人や50代の人、ベトナム帰りの人もいた。クラスのほぼ全員と友達になって、彼らのなかでとても豊かな人生経験を手にした。その経験をもとに、ラリー・クラウンという人物を作り出したんだ。学歴のせいで仕事をクビになったラリーはどうするのか?私が高校を出た時の状況とかなり似ているんだが、ありがたいことに短期大学というものがある。そこでは、キャンパスへ行くってこと以外、何もしなくてもいいんだ。

―ハンクスは『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』で仕事をした脚本家のニア・ヴァルダロスと組み、アイデアを膨らませていった。
ハンクス:私はニアの専門知識を借りようと思った。本作には本当に実在すると思える登場人物が必要だったからね。彼女が書き直した脚本に私が手を加えるというやり方をしたんだが、最後まで何度もやり取りをしたよ。

―脚本を執筆している最中に、アメリカの社会状況は変わった。金融危機が起こり、何百万もの人々が財政困難に陥り、不安な将来を押しつけられた。ハンクスは、そんな現実を脚本に組み入れた。
ヴァルダロス:このストーリーのとてもリアルなところが好きよ。“こんなに必死で働いているけど、私は認められているんだろうか、この国の役に立っているのだろうか”と感じている、ごく普通の男女の話だから。私たちはみんな取り替えがきく歯車でしかないというのは、厳しい現実ね。仕事をクビになっても、もう一度立ちあがって先へ進んでいくしかないわ。

ハンクス自身の体験に現実を組み入れた『幸せの教室』は、「人生は、いつからでもやり直せる」という作品メッセージとともに、今を生きる大人たちに明日への希望を贈る作品に仕上がっている。

作品情報『幸せの教室』
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
5月11日(金)、TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー
(c) 2011 Vendôme International, LLC. All Rights Reserved.
ウーマンエキサイト編集部
ウーマンエキサイト編集部の更新通知を受けよう!
確認中
ウーマンエキサイト編集部
ウーマンエキサイト編集部の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
ウーマンエキサイト編集部
ウーマンエキサイト編集部の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
ウーマンエキサイト編集部
ウーマンエキサイト編集部をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
ウーマンエキサイト編集部
ウーマンエキサイト編集部の更新通知が届きます!
フォロー中
ウーマンエキサイト編集部
ウーマンエキサイト編集部の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.