2012年12月14日 18:00|ウーマンエキサイト

『フランケンウィニー』木村カエラ オフィシャルインタビュー

ウーマンエキサイト編集部
ライター
ウーマンエキサイト編集部
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』『アリス・イン・ワンダーランド』をはじめ、ユニークでファンタジックな世界観とイマジネーション豊かなビジュアルで、世界中の映画ファンの心をとらえ続けるティム・バートン監督の最新作は、ディズニー史上最も奇妙な“白黒3D“ワンダーランド『フランケンウィニー』。

孤独な少年ヴィクターと≪禁断の実験≫によって甦った愛犬スパーキーとのピュアな愛が、街中に大事件を巻き起こすちょっと奇妙で心沸き立つ冒険ファンタジー。本作のインスパイア・ソングをあの木村カエラさんが書き下ろし、話題となっています!そこで今回、木村カエラさんに作品の魅力とインスパイア・ソング「WONDER Volt」についてお話を聞きました。

『フランケンウィニー』木村カエラ オフィシャルインタビュー
●木村カエラさんはティム・バートン監督の大ファンと聞いています。映画『フランケンウィニー』を観た感想は?ティム・バートン監督の好きなところの1つは、ダークさの中にちゃんと光のあるところで、今回ももちろんその要素がいっぱいつまっていて良かったです。すごく感動し、最後は元気になって観終えることができました。

●木村カエラさんが思うティム・バートン監督の作品の魅力とは?特にお気に入りの作品があれば理由と一緒に教えてください。ヘンテコなキャラクターがいっぱい出てくるところです。アニメーションでは、特に、出てくるキャラクター全員がサブのようなキャラクターで作られていて、その感じがたまらなくツボなんです。その世界観が好きですね。

好きな作品は『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』と『シザーハンズ』です。思いつきもしないような映像だったり、その中にある物語が現実世界からかけ離れていて、夢の世界へ連れてってくれる感じがいいですね。

ウーマンエキサイト編集部
ウーマンエキサイト編集部の更新通知を受けよう!
確認中
ウーマンエキサイト編集部
ウーマンエキサイト編集部の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
ウーマンエキサイト編集部
ウーマンエキサイト編集部の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
ウーマンエキサイト編集部
ウーマンエキサイト編集部をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
ウーマンエキサイト編集部
ウーマンエキサイト編集部の更新通知が届きます!
フォロー中
ウーマンエキサイト編集部
ウーマンエキサイト編集部の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.