2015年7月26日 04:15|ウーマンエキサイト

写真の基本構図5つ 鉄板比率を覚えよう (ママのための写真術1)

森山亜美香
ライター (CM音楽、作詞作曲、歌手、翻訳、ライター、料理講師)
森山亜美香
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
「これを写したい!」と思って撮影しても、いまひとつ格好良く写せなかったという経験はありませんか?

カメラは決まった枠の中でしか、その場面を切り取れません。ですが、その枠=フレームをうまく使うことで、より迫力が出たり、奥行きが出たり、印象が変わったりします。

目次

・写真の基本構図(1)日の丸構図
・写真の基本構図(2)三分割構図
・写真の基本構図(3)二分割法
・写真の基本構図(4) 三角構図
・写真の基本構図(5)対角線構図


写真の基本構図5つ 鉄板比率を覚えよう (ママのための写真術1)

© beeboys - Fotolia.com


つまり、写真を撮る時にこの「被写体をどこにすえて撮るか」という「構図」が大切だということ。

今回は、構図の大切なポイントのうち、 すぐに覚えて実践できる5つをご紹介します。

写真の基本構図(1)日の丸構図

被写体を画面の中央に配置することを日の丸構図と呼びます。

写真の基本構図5つ 鉄板比率を覚えよう (ママのための写真術1)

撮りたいものが真ん中に来るのが、日の丸構図の特徴(Photo: © saschanti - Fotolia.com)


ポートレートなどに多く、「私はこれを写したい」ということがはっきり伝わります。
ですが、ただ真ん中にするだけでは、その場の空気感や動きが伝わりづらいというデメリットがあります。

写真の基本構図(2)三分割構図

フレームの縦と横をそれぞれ三分割し、その線が交わった点や線の交わるところに被写体を配置する構図です。

写真の基本構図5つ 鉄板比率を覚えよう (ママのための写真術1)

本を使い、縦に三分割した構図の写真(Photo: © Sergii Kondrytskyi - Fotolia.com)


もっとも基本的な構図と言われており、「困ったらとりあえず三分割」とも言われています。 道路の線や水平線や地平線を横の線に合わせたり、物の配置を縦の線に合わせたりすることで、安定したクオリティの写真を撮ることができます。
森山亜美香
森山亜美香の更新通知を受けよう!
確認中
森山亜美香
森山亜美香の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
森山亜美香
森山亜美香の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
森山亜美香
森山亜美香をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
森山亜美香
森山亜美香の更新通知が届きます!
フォロー中
森山亜美香
森山亜美香の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.