2016年3月13日 07:15|ウーマンエキサイト

フランスの子育ては「バカンス疲れ」してしまう?

加藤亨延
ライター
加藤亨延
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

目次

・休暇はどこかに行かないといけない
・ホテルに泊まるわけじゃない
・職場で休みはどうやって取るのか
フランスの子育ては「バカンス疲れ」してしまう?

© kasiati2012 - Fotolia.com


バカンス好きのフランス人。思い通りに休みが取りづらい日本の職場環境から考えると、「うらやましい!」と感じる人も多いはず。でも子持ちのフランス人にとって、バカンスは単に休めることばかりではありません。

休暇はどこかに行かないといけない

フランスの学校は、およそ2ヶ月に1回、バカンスがやってきます。12月から1月にかけてのクリスマス休暇の次は、2月のスキー(冬季)休暇、4月は復活祭の休暇、7月から8月は夏休み、そして10月から11月の万聖節の休暇と続きます。その休みごとに、親は子どもをどこかに連れて行かねばなりません。そのため金銭的にもバカンス疲れするフランス人が多いのです。

日本人からすれば、「毎回、遠出せずとも家の近くで遊ばせていればいいのに…」と思いますが、休暇が終わって学校が始まると、子どもたちの間では「バカンスどこ行った?」という話題で持ちきりに。その時に「どこにも行っていない」となると、その子の家は「バカンスに行けないくらいお金がない…」と周囲から見られてしまうのです。

フランスのすべての家庭が裕福なわけではありません。彼らはどうやって、子どもたちをバカンスに連れて行っているのでしょうか?
加藤亨延
加藤亨延の更新通知を受けよう!
確認中
加藤亨延
加藤亨延の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
加藤亨延
加藤亨延の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
加藤亨延
加藤亨延をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
加藤亨延
加藤亨延の更新通知が届きます!
フォロー中
加藤亨延
加藤亨延の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.