2016年9月16日 18:00|ウーマンエキサイト

苦手な仕事を任せられそうになったとき 僕の人生観を変えた一言 ~1~

栗原達也
ライター (占い師)
栗原達也
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
こんにちは。栗原達也です。

今回は、僕の人生観を変えた一言について話をします。

苦手な仕事を任せられそうになったとき 僕の人生観を変えた一言 ~1~

(c) luckyguy123 - Fotolia.com



サラリーマン時代にあった出来事なんだけど、昇進しないかという話が当時の上司からもたらされたんだ。

そうなった場合、どんな業務が増えるのか聞いたところ、僕の苦手な仕事がそこにはあったんだよね。

それは報告書や書類の作成。

責任が重くなる立場になり、部下もできれば、目を配って把握しておかなければならないこと、まとめておくべきことが当然増える。

あまり得意じゃないこともやっていかなくちゃならない。

頭ではわかろう、受け入れようとするのだけれど、やっぱりためらったり、不安に感じたりする…。

でもね、そこであきらめる必要はないんだ。

どこにでも、なんにでも解決策は見つけられるものだからね。

そこで僕がどうしたかというと、まず出世をすすめてきた上司に素直に相談したんだ。

僕には自信がないってね。

そうしたら、その人が僕に言ってくれた一言で、僕は本当に世界が変わって見えたよ。

「できるやつに頼めばいいんだ」

つまり、適材適所ってことだよね。

人にはそれぞれ合っているもの、ふさわしいものがある。

その才能や能力に適した立場や仕事を割りふれば、うまくまわるものなんだ。

僕が苦手にしていて、「できれば避けたい」と思っている仕事でも、人によってはそれがたまらなく好きで、この上ない充実を感じたり、自分の存在意義を見いだしたり、人のために役立っているという気持ちをもてる誰かも、確かに世の中にはいるんだ。

ただそれを見極めるためには、人をよく見ること、話を聞くことが大切だね。カン違いして押しつけてしまったり、勝手な思い込みで進めてしまってはいけない。
栗原達也
栗原達也の更新通知を受けよう!
確認中
栗原達也
栗原達也の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
栗原達也
栗原達也の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
栗原達也
栗原達也をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
栗原達也
栗原達也の更新通知が届きます!
フォロー中
栗原達也
栗原達也の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.