2016年10月31日 19:00|ウーマンエキサイト

家事も育児もみずから動く! 頼れるパパの育て方

あまみや
ライター
あまみや
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
結婚前は実家住まいだった夫は、炊飯器や洗濯機など触ったこともありませんでした。それがいまでは、育児も家事もやってくれるように。このように、夫を頼れるパパへと育てるには、妻である私から意識的に働きかける必要がありました。

目次

・まずは夫に「どんな生活がしたいか」を確認
・私が夫に教えたこと
・感謝の気持ちは忘れずに
・育児はもはや「当たり前」に


家事も育児もみずから動く! 頼れるパパの育て方

© Halfpoint - Fotolia.com


今回は、ほぼ家事経験ゼロの夫に対して、筆者が行ったことをご紹介します。個人的な経験談にはなりますが、家事や育児を怠りがちな夫に悩む方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

■まずは夫に「どんな生活がしたいか」を確認

「新婚の時期は言うことを聞いてくれるだろうから、今のうちに旦那を育てないとダメだよ!」

夫をちゃんと家事ができる人に育てなくては…。そう思ったのは、友人からのこんな忠告があったから。

当時、まだ新婚だった私は、早速、夫にこの友人の話をしました。そして、2つの選択肢を提示したのです。

ひとつめは、私が専業主婦になって家事はできるだけ完璧にやるけれど、もちろん私の収入はなし。貯金をするのは難しいし、旅行にも行けない。

ふたつめは、私が仕事をそのまま続ける代わりに、家事はできる方がやる。夫の仕事が早い時間に終わるので、平日は夫の家事負担が大きいかもしれない。でも、貯金もできるし、旅行にも行ける。

「どっちの暮らしが理想的?」と聞きました。その答えは「どっちでもいい」。不満そうに回答したので良く覚えています。

「だったら、仕事を続けるから家事を覚えてね!」

こんな感じの口約束で、家事の指導が始まりました。
あまみや
あまみやの更新通知を受けよう!
確認中
あまみや
あまみやの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
あまみや
あまみやの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
あまみや
あまみやをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
あまみや
あまみやの更新通知が届きます!
フォロー中
あまみや
あまみやの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.