つい気をつかってしまいがち、年上の上司と上手に付き合う方法

2017年4月21日 18:00
 

栗原達也 ライター
栗原達也

こんにちは。栗原達也(くりはらたつや)です。

前回は「年上の部下(後輩)とのつきあい方」について話しました。今回は、逆の立場で、「年下の上司(先輩)」をもった場合について考えよう。

(c) denisismagilov - Fotolia.com



上司や先輩が自分より年下というのは、感覚的に受け入れにくいし、気もつかってしまうね。

数歳下だと、学生のときのような感覚で「生意気!」と思うし、親子ほど年齢が離れていると「子どもに命令されている」という思いを抱きがちだ。

君が年下の上司につかわれる立場になったとしても、「仕事は年齢でするものじゃない。部下は上司に従うもの」という意識がきちんとあるなら、まったく問題はない。

また、若い上司の仕事面での才能がすばらしく、君がそれを認めていたり、相手の君への態度に敬意が感じられたりすれば、それも問題ないね。

けれど、そういう「デキたコンビ」はめったにない。若い上司は「年上の部下とはやりにくい」と思っているし、年長の部下のほうは「自分より若い人間の指図を受けたくない」という心理が働くもの。

これまで年功序列が普通だった組織ほど、それがくずれたときにはギクシャクするだろう。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.