2017年7月28日 12:00|ウーマンエキサイト

悔やんでも前に進めない! リストラにあってしまったときの対処法

栗原達也
ライター (占い師)
栗原達也
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
こんにちは。

「新宿の母二代目、栗原達也(くりはらたつや)」です。

悔やんでも前に進めない! リストラにあってしまったときの対処法

(c) taa22 - Fotolia.com



今回は、“仕事の相談~リストラについて”話そうと思う。

「正社員の口を探しているのに、なかなかない」「短期の仕事やアルバイトはあるけれど、就職ができない」「会社がなくなってしまった」などというつらい仕事の相談は、やはり増えてきている。

その中で今回は、リストラされてしまった、リストラされそうだというケースについて、鑑定の場で私が思うことをお知らせしよう。

相談者それぞれの状況は深刻なので、簡単には言えないことのほうが多いけれど、リストラされてしまったというとき、まずは、どうしてそうなったのか、どうしてあなただったのか考えてみようと相談者には提案している。

たとえば就いていた業務がなくなってしまったとか、自分がその業務については一番役に立たない人間だったということが明らかなら、自分でも納得できるだろう。

身の不運を嘆いても、いずれは、ほかに自分を生かせる場所があるに違いないと思えるはずだ。

納得できないのは、会社に残ったほかの人と自分の違いがわからなくて、「どうして私だけがこんな目にあうのか?」と理不尽さに苦しめられる場合だ。

悪くすると、組織への恨みばかりが募ってしまい、前に進めなくなってしまう。

でも、そこにはなんらかの理由があるはずなんだ。

同じように働いている10人がいるとしよう。

業績が悪化して、その業務に10人置いておくのは人件費がかかりすぎるから減らそうとなる。

そこで、能力や年齢が似たようなものだった場合、比べられるのは「その組織にとってどういう存在か」ということだ。
栗原達也
栗原達也の更新通知を受けよう!
確認中
栗原達也
栗原達也の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
栗原達也
栗原達也の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
栗原達也
栗原達也をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
栗原達也
栗原達也の更新通知が届きます!
フォロー中
栗原達也
栗原達也の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.