フォトジェニックな“あんこたち”に出会える7日間限定の「あんこ博覧会」が気になる!

2017年9月11日 11:00
 

[PR]

インスタグラムなどのSNSでは、毎日のように気になるスイーツを見かけるこの頃。そろそろ秋めいてきた今なら、“あんこ”に注目です! 9月20日(水)から26日(火)にかけて、日本橋三越本店では、その名も「あんこ博覧会」が開催! 目にも楽しい限定スイーツやあんこと食材のマッチングメニューなど、懐かしくて新しい、ユニークな“あんこたち”に出会える祭典!

ここでしか食べられない、限定品は要チェック!


まずご紹介したいのは、今回の「あんこ博覧会」限定の3品。

青森の「匠あんこ堂(かねご製餡)」からは、10種の餡と4種のトッピングを組み合わせて楽しめる、「あんこスタンド のっけてあんこ」が登場! 寒天・フルーツ、白玉やアイスと各種のあんこを組み合わせるスタイルで、盛りだくさんの「あんみつ」を作るもよし、シンプルにあんこの味わいを楽しむもよし。定番の粒あんやこしあん、白あんなどの他に、リンゴあん、抹茶あん、黒ごまあんといった気になるテイストも。どれを選ぼうか、迷ってしまいそうですね!

意外性抜群の、あんこを使ったお惣菜も登場です。東京・西小山にあるイタリアンレストラン「ビゴーテ」からは、香ばしく焼き上げたチキンに、甘さを加えない大納言かの子豆と彩り野菜にハーブを生かし南仏風に仕上げたメニューや、大納言のかの子豆とマスカルポーネチーズを詰めたカルツォーネが提供されます。チーズやチキンとあんこの“マリアージュ”を楽しめます。

写真上「大納言かの子豆とマスカルポーネチーズのカルツォーネ」(1個各540円)、写真下「青森県産あべ鶏のオーブン焼き 大納言かの子豆と彩り野菜のイタリアンハーブ炒め添え」(100gあたり540円)



創業150年の歴史を持つ「山田屋まんじゅう」からは、天然水で仕上げた名水しるこ「きら」をフラッペした新感覚ドリンク、「こおりしるこ」が登場。ホイップクリーム、抹茶味のバームクーヘンとチョコがトッピングされた“カフェスイーツ”のようなおしゃれな見た目は、インスタ映えもバッチリです。

「こおりしるこ 抹茶」(1杯300ml 681円)



全国から、多彩な「あんこスイーツ」が勢揃い!

限定品以外に、見逃せない「あんこスイーツ」が全国から揃います。

「京都祇園あのん」からは、和洋の垣根を超えた新しい最中(もなか)、「あんぽーね」が登場。十勝産の小豆をじっくり炊き上げた自慢の粒あん、マスカルポーネチーズを使用した、自家製クリームと最中種がセットとなっています。お好みの量でサンドできるのも楽しい、手作りスタイル。各日100点限定なので、気になる方はどうぞお早めに!

「あんぽーね」(1箱(最中5個分) 1,620円)



江戸時代創業で240年近い歴史を持つ和菓子店「越乃雪本舗大和屋」からは、秋を存分に感じられるお干菓子が登場。伝統的な製法で作られたお干菓子を、目でも楽しめるようにアレンジしました。食べるのがもったいない“あんこスイーツ”です。

写真(左) 花かんざし(1個 810円)、写真(右)ふきよせ(1個 各162円)



あんこスイーツの代表、「ようかん」のラインナップも豊富です。

早稲田にある「七里香」からは、氷砂糖を使用し、銅鍋でしっかり練って作られた「一枚流し本練り羊羹」が登場。固めで水分量が少なく、うま味が凝縮した本格派のようかん。桐箱に入った豪華さは、特別な方への贈答にも最適です。(※こちらは受注生産となります)。

「一枚流し本練り羊羹」(1箱(18×36×高さ3.5cm) 12,960円)



北海道のブランド「きたみあずき屋」からは、なんと飲むようかんが登場。北見産小豆を通常の2倍使用しており、濃厚な食感が楽しめるスイーツドリンクです。同じく北海道にある「五勝手屋本舗」のようかんは、金時豆を使った味わいはもちろん、レトロな趣の丸筒型缶の可愛さが目を引きます。千葉・成田市にある「なごみの米屋」は、栗をたっぷり使った栗蒸しようかん、広島・尾道の「御菓子司 中屋」は昆布と竹炭粉末を使用して鯨に見立てた珍しい「鯨ようかん」などさまざまな羊羹が揃うので、ぜひ味わっておきたいところです。

写真右から、「飲む羊羹ICHIZU」(600g 3,240円)、「栗むし羊羹」(310g 1,101円)、「五勝手屋丸缶羊かん」(1本103g 270円)、「鯨羊羹」(ハーフサイズ210g 702円)



「チーム和菓子」による、創作和菓子の実演販売も!

イベントでは、和菓子職人たちによる創作和菓子の実演販売も行われます。和菓子協会が認定した優秀和菓子職たちで結成されたユニット「チーム和菓子」が、作りたての“あんこスイーツ”を提供してくれます。テーマは、その名も「あんバランス」。どんな創作和菓子が登場するかは、会場でのお楽しみ。作りたての和菓子はなかなか味わえないので、この機会をぜひお見逃しなく。

7日間だけの、「あんこ」の奥深さと魅力を堪能できるイベント。和菓子好きな方はもちろん、フォトジェニックなスイーツに目がない方、特別な“おもたせ”を探している方なども、大いに楽しめそう!


■あんこ博覧会
期間 9月20日(水)~26日(火)
場所 日本橋三越本店 本館7階 催物会場
(最終日午後6時終了)
公式ホームページ 「あんこ博覧会」
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.