コミックエッセイ:モラハラ夫図鑑

「俺はお湯なんて沸かせない」カップ麺すらも自分で作らない夫に唖然…!<雄吾の場合 1話>【モラハラ夫図鑑 Vol.166】



「俺はお湯なんて沸かせない」カップ麺すらも自分で作らない夫に唖然…!<雄吾の場合 1話>【モラハラ夫図鑑 Vol.166】
「俺はお湯なんて沸かせない」カップ麺すらも自分で作らない夫に唖然…!<雄吾の場合 1話>【モラハラ夫図鑑 Vol.166】「俺はお湯なんて沸かせない」カップ麺すらも自分で作らない夫に唖然…!<雄吾の場合 1話>【モラハラ夫図鑑 Vol.166】
「俺はお湯なんて沸かせない」カップ麺すらも自分で作らない夫に唖然…!<雄吾の場合 1話>【モラハラ夫図鑑 Vol.166】「俺はお湯なんて沸かせない」カップ麺すらも自分で作らない夫に唖然…!<雄吾の場合 1話>【モラハラ夫図鑑 Vol.166】
育休から復帰すると、一気に毎日が忙しくなりました。

いつもは仕事の後に急いで娘を迎えに行き料理を作るのですが、この日は夫が珍しく早く帰ってきて、夫がお腹を空かせて待っているようでした。

そんなにお腹が空いているのなら自分で家にあるものを食べればいいのに…。
いい大人がどうしてカップ麺すら自分で食べられないの?

お湯を沸かすためのケトルはあるのに、夫にとってはそれすらも「家事」であり、それは「妻がやること」だと言って譲らないのです。

もちろん、結婚当初はこんな人だとは思わず…。


次回に続く(全11話)毎日更新!
結婚前は優良物件に見えた夫…本当は頑なに家事をしない事故物件だった<雄吾の場合 2話>

この続きは...結婚前は優良物件に見えた夫…本当は頑なに家事をしない事故物件だった<雄吾の場合 2話>【モラハラ夫図鑑 vol.167】



※この漫画は実話を元に編集しています
脚本:日野光里、イラスト:田辺ヒカリ

読者アンケートにご協力ください (全3問)

Q.1 夫婦仲の危機や離婚についてエピソードがあれば、その原因をふくめ教えて下さい。 (必須) (最大1000文字)

Q.2 この記事へのご感想をぜひご記入ください。 (必須) (最大1000文字)

Q.3 今後取り上げてほしいテーマがありましたら教えてください。 (最大1000文字)

ご応募いただいたエピソードは、漫画や記事化されウーマンエキサイトで掲載される場合があります。この場合、人物設定や物語の詳細など脚色することがございますのであらかじめご了承ください。
 

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.