くらし情報『安藤忠雄展が国立新美術館で開催中。原寸大の「光の教会」や「直島プロジェクト」など“建築を体験”【レポート】』

2017年10月3日 12:00

安藤忠雄展が国立新美術館で開催中。原寸大の「光の教会」や「直島プロジェクト」など“建築を体験”【レポート】

安藤忠雄展が国立新美術館で開催中。原寸大の「光の教会」や「直島プロジェクト」など“建築を体験”【レポート】

建築家、安藤忠雄の半世紀に及ぶ活動に迫る「安藤忠雄展ー挑戦ー」が、東京・六本木の国立新美術館にて9月27日から12月18日まで開催している。26日、プレス向けの内覧会と安藤によるギャラリートークが行われた。

元ボクサーという異例の経歴を持つ安藤は、独学で建築を学び28歳で建築事務所を設立する。これまで、常に既成概念を打ち破るような斬新な建築作品を世に送り出してきた安藤。過去最大規模となる同展では、その半世紀に及ぶ約270点もの模型やドローイング、設計資料から89のプロジェクトを展示。「原点/住まい」「光」「余白の空間」「場所を読む」「あるものを生かしてないものをつくる」「育てる」の6つのセクションに分けて紹介をしている。

プロローグでは、安藤が建築家になる前に世界を旅したスケッチや、活動歴、また現在のアトリエの一部が再現されており、安藤のパーソナルな部分を垣間見ることが出来る。

安藤忠雄展が国立新美術館で開催中。原寸大の「光の教会」や「直島プロジェクト」など“建築を体験”【レポート】


Section.1 「原点/住まい」
“人間が住まう”という建築の原点に迫る
安藤忠雄展が国立新美術館で開催中。原寸大の「光の教会」や「直島プロジェクト」など“建築を体験”【レポート】

安藤建築を象徴する、打ち放しのコンクリートや幾何学的造形、自然との共生といったキーワードからなる100を超える住宅作品を紹介。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.