くらし情報『エンダースキーマの秋冬最新コレクション、革靴づくりの慣習を覆す新アイデア』

エンダースキーマの秋冬最新コレクション、革靴づくりの慣習を覆す新アイデア

2018年5月26日 13:00
 

エンダースキーマ(Hender Scheme)が2018-19年秋冬コレクション「フラット(FLAT)」を発表。6月2日より順次、直営店のスキマと全国の取り扱い店舗にて発売する。

今シーズンは、革靴づくりの慣習を覆す新しいアイデアから生まれたシューズや、ブランドが独自に開発したヌメ革のパテントレザーによる小物などがラインアップ。

シューズのラインには、チャッカブーツにスニーカーのクロスストラップディテールを融合させた「mutation 3」(5万6,000円)や、トレッキングシューズをベースに、モカ縫いのステッチをシューレースで縫い上げる手法を取り入れた「full lace trek」(5万5,000円)など、これまでにない新発想のデザインがお目見え。さらに、ダブルフェイスのムートンによるホールカットシューズ「mouton lace」(4万2,000円)や、英国「MOON」社製のツイードを採用したドクターシューズ「kate」(3万3,000円)など、秋冬ならではの素材を贅沢に使ったシューズも登場する。

毎シーズン1型ずつ追加される「manual industrial products」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.