くらし情報『アニッシュ・カプーアによる国内最大規模の個展、「おおいた大茶会」の一環として開催』

アニッシュ・カプーアによる国内最大規模の個展、「おおいた大茶会」の一環として開催

2018年7月13日 10:00
 

世界的アーティスト、アニッシュ・カプーアを招聘する個展形式の芸術祭「in BEPPU」が、大分・別府公園にて10月6日から11月25日まで開催される。

アニッシュ・カプーアによる国内最大規模の個展、「おおいた大茶会」の一環として開催
「Sky Mirror」2006 Stainless steel Diameter 10m Photo: Tim Mitchell ©Anish Kapoor,2018
毎年、国際的に活躍する1組のアーティストを別府に招聘し、地域性を活かしたアートプロジェクトを実現する個展形式の芸術祭「in BEPPU」。現代芸術活動チーム「目」、西野達に続いて今年招聘するのは、イギリスを代表する彫刻家の一人であり、世界トップクラスの現代美術のアーティストとして活躍する、アニッシュ・カプーア(Anish Kapoor)。ヴェルサイユ宮殿で行った個展(2015年)や、ロンドンオリンピックの記念モニュメントの制作(2012年)など、大規模な作品で世界中を魅了させてきた彼の、新作を含む作品を10点以上を展示。国内ではかつてない規模の展示となる。

アニッシュ・カプーアによる国内最大規模の個展、「おおいた大茶会」の一環として開催
過去作品「Leviathan」2011 / PVC, 33.6 x 99.89 x 72.23 m / Monumenta 2011, Grand Palais, Paris
Photo:Dave Morgan / ©Anish Kapoor, 2018

公園内には、昨今カプーアが取り組む、彫刻と建築が融合する世界初公開となる作品を展示する「Sculptural Void Pavilion(仮称)」が登場。奥行12m程度の空間内部に入ると、正面に暗黒の壁が現れ、時が経つにつれて、不思議な知覚体験を引き起こす。

野外には代表作の一つ「Sky Mirror」を設置。光を反射し空を映し続けるその姿は、あたかもこの場所にポッカリと突然空いた異世界への入り口のように見える。

アニッシュ・カプーアによる国内最大規模の個展、「おおいた大茶会」の一環として開催
「I looking in at me」2016 / Silicone, fibreglass and gauze, 169 x 162 x 117 cm
©Anish Kapoor, 2018 / Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE
さらに2つの大型作品の中間に設置される特設ギャラリーでは、展覧会「コンセプト・オブ・ハピネス」を開催。体内を表現するかのような筆致も荒々しいドローイングや彫刻全10点(予定)を展示する。また、BBCが制作したカプーアのドキュメンタリー映像も上映予定。

大分県では、「おおいた大茶会」を共通テーマとして、「第33回国民文化祭・おおいた2018」と「第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」を、10月6日から11月25日まで県内全域で開催。「アニッシュ・カプーア in BEPPU」はそのリーディング事業のひとつとして行われる。

本展の他に「おおいた大茶会」では、デザインチーム graf プロデュースによる「きつき大茶会」、チームラボによる「神と仏の祭典 光とアート」などのリーディング事業をはじめ、地域性を活かした様々な芸術文化イベントを展開。また、関連企画としてライゾマティクス アーキテクチャー(Rhizomatiks Architecture)の水害復興支援イベントも実施する。

あわせて伝統芸能や地域のお祭り、食などを上記の芸術文化イベントと一緒に体験しながら県内各地を巡る新たな観光スタイル「カルチャーツーリズム」を展開し、地域の活性化にもつなげる。

【イベント情報】
アニッシュ・カプーア in BEPPU
会期:10月6日〜11月25日
会場:別府公園
住所:大分県別府市野口原
料金:前売り1,000円 当日1,200円、小中学生500円、未就学児無料

おおいた大茶会
会期:10月6日〜11月25日
会場:大分県全域

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.