くらし情報『とらや羊羹の限定パッケージを新土産に! 東京駅構内にとらやの新店舗がオープン』

2019年4月9日 15:05

とらや羊羹の限定パッケージを新土産に! 東京駅構内にとらやの新店舗がオープン

JR東京駅構内 グランスタに、とらやの新店舗「とらや グランスタ」 が、4月19日にオープンする。

とらや羊羹の限定パッケージを新土産に! 東京駅構内にとらやの新店舗がオープン

とらやの店舗としては初めてのターミナル駅構内への出店となる同店では、通勤や出張、旅の出発地として多くの人々が利用する東京駅でのわずかな時間でもショッピングが楽しめるようにと、とらやを代表する羊羹を中心に、最中詰合せ、水羊羹や栗蒸羊羹といった季節菓子、数量限定のあんペースト[こしあん] スモールやヨウカンアラカルトなど、選りすぐりの品を販売する。

なかでも、これまで東京ステーションホテル内の店舗「TORAYA TOKYO」のみでしか買うことのできなかった、画家フィリップ・ワイズベッカー(Philippe Weisbecker)による、東京駅丸の内駅舎が描かれたパッケージの小形羊羹「夜の梅」は東京土産としておすすめ。

とらや羊羹の限定パッケージを新土産に! 東京駅構内にとらやの新店舗がオープン
「TORAYA TOKYO 小形羊羹」
(5本入/1,300円、12本入/3,000円、18本入/4,520円)

また、今回オープンを記念し、限定パッケージの小形羊羹「夜の梅」(5本入)と、東京駅舎のレンガをイメージした色合いのトートバッグをセットにしたオープン記念限定セットも登場。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.