くらし情報『汐留「アドミュージアム東京」がリニューアル - 江戸から現代まで、厳選された広告を展示』

2017年11月16日 19:50

汐留「アドミュージアム東京」がリニューアル - 江戸から現代まで、厳選された広告を展示

汐留「アドミュージアム東京」がリニューアル - 江戸から現代まで、厳選された広告を展示

東京・汐留にある日本唯一の広告ミュージアム「アドミュージアム東京」が、2017年12月1日(金)にリニューアルオープンする。

日本で唯一の“広告博物館”
30万点の収蔵資料を誇る「アドミュージアム東京」は、世界に例のない広告専門のミュージアム。2002年の開館以来、190万人を超える人々を動員した同館が、オープン15年を迎える2017年に初のリニューアルを実施した。

マーケティングのルーツは江戸時代にあり?!「ニッポン広告史」
常設展示となるのは、広告にまつわる歴史やさまざまな情報を学ぶ「ニッポン広告史」。かつて、現代経営学の父であるピーター・ドラッカーに「マーケティングの原点は日本の江戸にあり」と言わしめた江戸時代の広告は、現代のタレント広告やSNSの原点でもあるといわれている。そんな広告活動の原点といえる江戸時代から現代まで、時代と広告、そして人と広告の関わりの歴史を、同館のコレクションを中心に映像やデジタル展示も交えて紹介する。

“気持ち”を揺さぶる広告に焦点を当てた常設展示も
同じく常設展示として設置される「4つのきもち」と「デジタルコレクションテーブル」は、 広告に触れ、体験する視聴ブース。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.