くらし情報『「ウォーリーをさがせ!展」が東京・横浜・大阪・名古屋で、日本初登場の絵本原画&イラストなど約150点』

2017年12月10日 18:45

「ウォーリーをさがせ!展」が東京・横浜・大阪・名古屋で、日本初登場の絵本原画&イラストなど約150点

「ウォーリーをさがせ!展」が東京・横浜・大阪・名古屋で、日本初登場の絵本原画&イラストなど約150点

「誕生30周年記念ウォーリーをさがせ!展」が、2018年4月18日(水)から5月7日(月)まで東京・松屋銀座にて開催される。その後、横浜、大阪、名古屋へと各都市巡回。

『ウォーリーをさがせ!』
イギリス人イラストレーターのマーティン・ハンドフォードによる絵本シリーズ『ウォーリーをさがせ!』。大勢の人ごみの中から、主人公・ウォーリーを捜すという趣向の絵本は、世界38か国・30言語に翻訳されているベストセラーだ。シリーズ世界累計6,500万部、そして日本国内でも1,000万部を超える販売数を誇っている。

約50点の絵本原画とイラストや映像などの展示物約100点、計約150点
『ウォーリーをさがせ!』が1987年の誕生から30周年を迎えたのを記念し、開催される同展。マーティン・ハンドフォードが描いた日本初登場のウォーリー絵本の原画約50点、そしてウォーリー以前のイラスト作品や映像展示など約100点、計約150点が紹介される。ウォーリーの原画が日本にやってくるのは今回が初めてとなる。

また、2018年に第20回「亀倉雄策賞」を受賞したアートディレクター・中村至男、日常の風景を1/100サイズの建築模型で再現する建築家・寺田尚樹、実際の風景や人物などをミニチュアのように見せる撮影手法で知られる写真家・本城直季の3名の日本人アーティストがウォーリーとコラボレーション。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.