くらし情報『エズミ 2018-19年秋冬コレクション - より高次元の美しさへ、ヴィクトリア朝の空気をまとって』

2018年2月7日 21:30

エズミ 2018-19年秋冬コレクション - より高次元の美しさへ、ヴィクトリア朝の空気をまとって

エズミ 2018-19年秋冬コレクション - より高次元の美しさへ、ヴィクトリア朝の空気をまとって

エズミ(EZUMi)は、2018-19年秋冬コレクションを発表。ヤストシ エズミ(Yasutoshi Ezumi)から改名後、初となるコレクションだ。

今季のテーマは「Untitled:16」。あえて名付けを抽象的にすることでより奥行きのある世界観を見せていく。“16”は、黄金比の1:1.618の数字から由来する。構築的で端正な造形のピースがコレクションを彩る。

服作りのインスピレーション源となったのは、価値の低い素材をより高次元のものへとアップデートする“アップサイクル”によって生み出されたアートや建築。ベージュやグレー、パープル、ネイビーといったニュアンスを含むカラーリングは、デザイナー・江角泰俊が数多のアートや建築をピックアップした中から抽出した色。1枚の洋服の中で、またはスタイリングの中で、組み合わせられた色達が絶妙なバランスを保ちながら相互に作用し、服を完成形へと導く。

もう一つの着想源は、英国のヴィクトリアンスタイルだ。装飾的なレースを組み合わせたブラウスやスカート、グレンチェックのセットアップなどが、クラシカルで上品な雰囲気を演出する。バイカラーのチェックを組み合わせたジャケットは、ハリ感のある生地で作られた、凛とした表情が印象的だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.