くらし情報『アジア発ビーントゥーバーチョコ「ナユタ チョコラタジア」日本上陸、マンゴー&ココナッツフレーバーも』

アジア発ビーントゥーバーチョコ「ナユタ チョコラタジア」日本上陸、マンゴー&ココナッツフレーバーも

2018年2月11日 11:20
 

アジア発ビーントゥーバーチョコ「ナユタ チョコラタジア」日本上陸、マンゴー&ココナッツフレーバーも

アジア発のチョコレートブランド「ナユタ チョコラタジア(Nayuta Chocolatajia)」が、伊勢丹新宿店で2018年2月14日(水)まで開催のイベント「SWEETS COLLECTION」にて日本上陸。「サロン・デュ・ショコラ 2018」に続いての登場となる。

「ナユタ チョコラタジア」は、アジア人が「美味しい」と思う味を追求し、カカオ豆の産地や製法にこだわったビーントゥーバーチョコレートを販売するブランド。

マレーシア、フィリピン、ベトナム、インドネシアの、アジア4か国のカカオ豆をメインに使用したタブレットチョコレートが登場。産地ごとに異なる、個性豊かな風味を感じられるチョコレートとなっている。パレ ド オールの三枝シェフが監修、指導を担当し、マレーシアの工房の環境整備から商品開発までを徹底。ミルキーな味わいの「40%ミルク+」をはじめとするプレーンの他、マンゴーやココナッツ、カシューナッツ等を加えたタブレットチョコレートも揃う。

マンゴーやココナッツといった、アジア・南国のフレーバーを展開するボンボンは、アジアのカカオ豆でビーントゥーバーのガナッシュをコーティングしたチョコレート。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.