くらし情報『ステラ マッカートニー 2018-19年秋冬コレクション - 改めて見つめ直す自分の長所とは』

ステラ マッカートニー 2018-19年秋冬コレクション - 改めて見つめ直す自分の長所とは

2018年3月11日 15:30
 

関連リンク

・便利に使える「ハンガーラック」☆どんなお部屋にも合う活用術をご紹介します!
・プレ花嫁に送る、結婚式を華やかに彩るウェディングアクセサリー4選
・ファッションと楽しむ!エッジーなFUDGE×nico+isTのiPhoneケース
ステラ マッカートニー 2018-19年秋冬コレクション - 改めて見つめ直す自分の長所とは

ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)の2018-19年秋冬コレクションが、フランス・パリで発表された。今季はランウェイに初めてメンズモデルが登場。先に披露された2018-19年秋冬メンズコレクションより初披露となる8体のカプセルコレクションが登場し、ランウェイに現れた。

今季ブランドが目指したのは、ステラ マッカートニーらしさを意識すること。デザイナー自身が自分の経歴などを振り返ると共に、アイコンバッグ・ファラベラを初めてランウェイで紹介するなど、ブランドの強みを意識したコレクションとなっている。たくさんのファッションブランドが溢れる中で、ステラ マッカートニーが向かうものとは。その問いの先に待っていたのは、時を経てもデイリーワードローブに残るようなエフォートレースなピースとなっている。

ステラ マッカートニーウーマンが描く女性のセクシーさ。一つは、服を着ることで生まれる女性のセクシュアリティにフォーカスした。レースやベルベットなど、テクスチャーの異なるファブリックで作られたロングドレス。胸元から背中にかけて配されたのは、コルセットやブラトップなどランジェリーを想起させるディテールだ。後ろのホックはあえてかけずに、ゆらゆらと揺れ動くテキスタイルの様をランウェイで紹介。また、前から見るとウール素材なのに、バックスタイルはシルクになっているジャケットなど、前後で異なる表情を持つアイテムもある。

そしてもう一つは、一見セクシーさとは縁遠いピースを使って表現する、内なる女性性。デザイナーの故郷である、英国の田園風景から着想したというオーバーサイズのニットは、そのカラー、フォルムなどからステラ本人の内面を露わにする。アイボリー、キャメル、グレーなど様々な色彩が層のように重なったニットは、重量感があるのにどこか優しい温もりを持つ。

印象的に刺されたプリントシリーズ。花をモチーフにしたプリントは、50~60年代の生け花モチーフのポストカードから生まれた。連続的にフラワーをのせたテキスタイルの上にはスリップドレスをレイヤード。さらに、英国アーティストの作品にフォーカスした女性をモチーフにしたプリントもある。

新作シューズは「ループ スニーカー」。接着剤を使わずフックを使って仕上げたラバーソールのスニーカーは、ブランドが大切にしているサスティナビリティを具現化するもの。また、アイコンのファラベラバッグは、ボディと同色のチェーンを配した新しいデザインで登場している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.