くらし情報『蜷川実花が京都で15名の芸妓・舞妓を撮り下ろし「蜷川実花写真展 UTAGE」開催』

蜷川実花が京都で15名の芸妓・舞妓を撮り下ろし「蜷川実花写真展 UTAGE」開催

2018年3月26日 16:00
 

蜷川実花が京都で15名の芸妓・舞妓を撮り下ろし「蜷川実花写真展 UTAGE」開催

写真家で映画監督でもある蜷川実花(Mika Ninagawa)が、15名の芸妓・舞妓を撮影した「蜷川実花写真展 UTAGE」が、2018年4月14日(土)から5月13日(日)まで美術館「えき」KYOTOにて開催される。

国内外問わず勢力的に活躍を続ける蜷川実花。写真だけでなく『さくらん』『ヘルタースケルター』といった映画作品からも彼女の独自の美的感覚に触れることができる。

今回は、蜷川実花が15名の芸妓・舞妓にカメラを向けた。舞台は和の趣が感じられる京都。伝統的な美学の粋が蓄積された“花街”と四季折々の美しい京都の“景色”を背景に、京都の五花街と呼ばれる祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の5エリアから厳選した、芸妓・舞妓15名を撮影した。

幾度となく京都へ足を運び、2年以上の月日をかけたといわれる本作。出来上がった作品は、蜷川実花のオリジナリティあふれる色彩に溢れている。

また、写真集『蜷川実花写真集 trans-kyoto』も2018年4月26日(木)に発売。15人の舞妓芸妓、一人一人のイメージに合う美術セットを一から創り上げて撮影した貴重な作品を詰め込んだ一冊となっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.