くらし情報『ギンザ シックスの吹き抜けアートがダニエル・ビュレンの新作に、草間彌生《南瓜》に継ぐ第2弾』

ギンザ シックスの吹き抜けアートがダニエル・ビュレンの新作に、草間彌生《南瓜》に継ぐ第2弾

2018年4月6日 18:10
 

ギンザ シックスの吹き抜けアートがダニエル・ビュレンの新作に、草間彌生《南瓜》に継ぐ第2弾

ギンザ シックス(GINZA SIX)はオープン1周年を記念し、フランス人アーティスト ダニエル・ビュレンによる新作アートをギンザ シックス2F 中央吹き抜けにて展示する。期間は2018年4月2日(月)から10月31日(水)まで。

草間彌生《南瓜》からダニエル・ビュレンの新作に
ギンザ シックスでは館内の様々な場所に注目アーティストや人気クリエイターとのコラボレーションアートを展開。中でも館内中央の吹き抜け空間に展示された草間彌生のアート作品《南瓜》は2017年の開業時より話題を集めてきた。ダニエル・ビュレンによる新作アートはこの吹き抜けアートの第2弾として登場。ギンザ シックスを象徴する新たな顔としてバトンを引き継ぐ。

ダニエル・ビュレンとは
50年以上にわたりイギリス、イタリア、日本など世界各地で多くの作品を手掛けてきたダニエル・ビュレン。2016年にはルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)が手掛ける現代アート美術館「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」の建築をジャックしたことでも知られている。

フラッグアートが吹き抜け空間を彩る
ギンザ シックスには彼のトレードマークである8.7cmのストライプ模様を旗に用いた新作アート《ムクドリの飛行のように ―GINZA SIX にて》を展示。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.