くらし情報『ヨウジヤマモトのグラウンド ワイ、劇場アニメ『ゴースト イン ザ シェル/攻殻機動隊』とコラボ』

ヨウジヤマモトのグラウンド ワイ、劇場アニメ『ゴースト イン ザ シェル/攻殻機動隊』とコラボ

2018年4月14日 15:40
 

ヨウジヤマモトのグラウンド ワイ、劇場アニメ『ゴースト イン ザ シェル/攻殻機動隊』とコラボ

ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)が展開するグラウンド ワイ(Ground Y)から、劇場用アニメーション『ゴースト イン ザ シェル(GHOST IN THE SHELL)/攻殻機動隊』とコラボレーションした「Ground Y x GHOST IN THE SHELL Collection 2018SS」が登場。2018年4月20日(金)より、グラウンド ワイ 直営店舗にて販売する。

『攻殻機動隊』の哲学を落とし込んだコラボレーション
2018年春夏シーズンで3度のコラボレーションを果たしてきたグラウンド ワイが、今回タッグを組むのは、1995年に押井守が手掛けた劇場用アニメーション『ゴースト イン ザ シェル/攻殻機動隊』。グラウンド ワイの2018年春夏コレクションのインスピレーション“inconfort - 違和感”を基に、普段と違う非日常的な事柄を意図的に設けることにより生ずる“ズレ”や“ギャップ”、そして“不完全さ”表現した。

同作では、西暦2029年、情報ネットワークとサイボーグ技術の発達により人々の意思が電脳に繋がれた近未来が描かれる。何が損なわれれば「人」でなくなるのか、重要な器官が機械に置き換わっても「人」のままでいられるのか。その条件とは何か。今回のコラボレーションでは、物語における人間の存在を問う哲学を、ヨウジヤマモトのクリエーションを通して落とし込んでいく。

作品へのオマージュをテキスタイルで表現
作品へのオマージュを込め、アイテムそれぞれの「存在のあいまいさ」を表現しようと、テキスタイルに趣向を凝らした。ベルベットは特殊液で生地を溶解して柄を表現する、特殊オパール加工を採用。ドレスやラップ風サルエルパンツには、流れる様なドレープが生み出された。また、アシンメトリーの襟が特徴となるシャツには、映画のシーンを切り取った原画が配されている。

【詳細】
Ground Y x GHOST IN THE SHELL Collection 2018SS
発売日:2018年4月20日(金)
取り扱い:Ground Y 直営店舗
※公式オンラインショップ「THE SHOP YOHJI YAMAMOTO」でも順次販売を予定。
展開アイテム:アシンメトリーカットソー、裾段違いカットソー、片襟ブラウス、オーバードレス、ラップサルエルパンツなど
価格帯:
ドレス178,000円+税
パンツ50,000~70,000円+税
シャツ48,000~58,000円+税
カットソー10,000~32,000円+税

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.