くらし情報『押井守、日本の映画界に苦言「息苦しい。風通しを良くしたい」』

2020年10月6日 11:00

押井守、日本の映画界に苦言「息苦しい。風通しを良くしたい」

押井守、日本の映画界に苦言「息苦しい。風通しを良くしたい」

映画レーベル『Cinema Labo(シネマラボ)』キックオフ会見&同レーベル第1弾映画『ビューティフルドリーマー』(11月6日公開)の合同イベントが5日、都内で行われ、本広克行監督、押井守監督、小中和哉監督、上田慎一郎監督、小川紗良、ヒロシエリ、秋元才加、飯島寛騎が出席した。

映画監督の本広克行、押井守、小中和哉、上田慎一郎が参加する映画レーベル「Cinema Labo(シネマラボ)」。限られた予算という条件以外はすべて監督が権限を有し、監督の作家性を最大限に活かす"監督絶対主義"で映画を製作するという、様々な規制がある現在の邦画界において挑戦的な映画レーベルを立ち上げた。その第1弾として11月6日に公開される映画『ビューティフルドリーマー』は、『踊る大捜査線 THE MOVIE2』で日本実写映画感歴代興収1位を記録した本広克行の監督作品。映画を撮ったことがない美術大学の映画研究会を舞台に、部員たちの奮闘を描く。

本作の試写会に先立ち、まずは本広監督ら監督陣が登壇して同レーベルが成立するまでの経緯などを語った。本広監督は「このシリーズは昔ATGというレーベルが日本の映画界にあったんですが、日本の映画史を紐解くとだいたい傑作はそこから出ています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.