くらし情報『ビューティフルピープル 19年秋冬シーズン、幾通りにも着こなせる新アプローチ「サイド シー」』

2019年3月26日 16:05

ビューティフルピープル 19年秋冬シーズン、幾通りにも着こなせる新アプローチ「サイド シー」

ビューティフルピープル 19年秋冬シーズン、幾通りにも着こなせる新アプローチ「サイド シー」

ビューティフルピープルの2019年秋冬コレクションが、2019年3月23日(土)に経済産業省本館にて発表された。なお、同シーズンは2019年3月にパリで発表したものに加えて、メンズコレクションが登場している。

新たな概念「サイド シー」の提案
ビューティフルピープルの新たな試み「サイド シー(SIDE C)」は、左右、表裏、内外など二面性をの概念を取り払うこと。その上で、デザイナーの熊切秀典は、服に隠れている、袋状の部分に目を向けた。普段は服として当たり前に存在する内側を見直し、新たな意義を見出すことで、ひとつのアイテムに多大な存在価値を与える。

今回のショーでは同じアイテムが形を変えて何度も登場している。例えば、コートは3、4通りの着こなしができる。通常ならライナーというべき白いコットンのレイヤードは、スタンダードなトレンチコートを裏返すまたは表返すことで主役になる。あるいは、白いコットンと、ベージュの生地の間に体を通すことでポンチョのような機能も発揮する。どれが主であるかは決まっていない。着る人次第だ。

ジャケットも同じような構造で、表裏は言わずもがな存在しない。もう1通りの着方として、通常なら袋構造になっている、後ろ見頃の2枚重ねになった、その生地の間に体を通すことができる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.