くらし情報『「不思議の国のアリス展」横浜で、ルイス・キャロルのスケッチ&エリック・カールの“チェシャ猫”など』

2019年5月18日 10:25

「不思議の国のアリス展」横浜で、ルイス・キャロルのスケッチ&エリック・カールの“チェシャ猫”など

「不思議の国のアリス展」横浜で、ルイス・キャロルのスケッチ&エリック・カールの“チェシャ猫”など

「不思議の国のアリス展」が、横浜・そごう美術館で2019年9月21日(土)から11月17日(日)まで開催される。その他、福岡、静岡などでも開催。

『不思議の国のアリス』の魅力を紹介
イギリスの作家、ルイス・キャロルによる世界的ベストセラー『不思議の国のアリス』は、誕生から約150年を迎えてもなお、多くの人を魅了し続けている物語。「不思議の国のアリス展」では、『不思議の国のアリス』の原点や、少女アリスが迷い込む不思議な世界とキャラクターの魅力を、日本初公開を含む貴重な作品と共に紹介する。

ルイス・キャロルのスケッチやジョン・テニエルの下絵
会場内には、日本初公開となるルイス・キャロルによる「アリス」のスケッチや、『不思議の国のアリス』の挿絵を手掛けたジョン・テニエルの直筆原画を展示する。

草間彌生やエリック・カールの作品も
その他、アーサー・ラッカム、エリック・カール、ヤン・シュヴァンクマイエル、サルバドール・ダリ、マリー・ローランサン、草間彌生清川あさみ山本容子、舘鼻則孝など多彩なアーティストが独自の世界観で表現した「アリス」が集結。それぞれのアーティストのフィルターを通した「アリス

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.