くらし情報『展覧会「ラリック・エレガンス」横浜・そごう美術館で - 優美なジュエリー&ガラス作品約200点を紹介』

2020年6月13日 16:40

展覧会「ラリック・エレガンス」横浜・そごう美術館で - 優美なジュエリー&ガラス作品約200点を紹介

展覧会「ラリック・エレガンス」横浜・そごう美術館で - 優美なジュエリー&ガラス作品約200点を紹介

展覧会「ラリック・エレガンス宝飾とガラスのモダニティ──ユニマットコレクション」が、横浜のそごう美術館にて、2020年6月10日(水)から7月8日(水)まで開催される。

ルネ・ラリックの優雅な世界を紹介
洗練されたジュエリーやガラス工芸で知られるルネ・ラリック。19世紀末フランスのアール・ヌーヴォーの宝飾デザイナーとして、カルティエ(Cartier)などのブランドにジュエリーを卸し、 女優サラ・ベルナールをも顧客に持つほどの成功を収めたラリックは、1900年のパリ万国博覧会で大きな注目を集めることとなる。

20世紀に入るとラリックは、パリ・コティ社の香水瓶などを手がけたことをきっかけに、ガラス工芸家としての道を歩み出す。以後、1925年パリで開催された通称「アール・デコ博覧会」に出展。1932年には、現在は東京都庭園美術館として使用される朝香宮邸のガラス製レリーフを手がけるなど、 工芸から建築にまでガラスの表現の可能性を広げてきた。

ジュエリー&ガラス作品約200点を展示
「ラリック・エレガンス宝飾とガラスのモダニティ──ユニマットコレクション」では、ルネ・ラリックのジュエリーやガラス作品など約200点の作品を展示。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.