くらし情報『綿矢りさの小説『私をくいとめて』映画化 - のんが“崖っぷちの恋”に挑む、おひとり様ヒロインに』

2020年9月21日 17:20

綿矢りさの小説『私をくいとめて』映画化 - のんが“崖っぷちの恋”に挑む、おひとり様ヒロインに

綿矢りさの小説『私をくいとめて』映画化 - のんが“崖っぷちの恋”に挑む、おひとり様ヒロインに

のん主演映画『私をくいとめて』が、2020年12月18日(金)に全国ロードショー。原作は、2001年「インストール」で第38回文藝賞を受賞した人気作家・綿矢りさによる同名小説だ。

31歳おひとり様ヒロインの“崖っぷちロマンス”
物語の主人公は、30歳を越え、おひとりさまもすっかり板についてきた黒田みつ子。脳内の相談役「A」に時たま適格なアドバイスをもらいながら、悠々自適に暮らしていた彼女だったが、年下営業マン・多田くんとの出会いをきっかけに様子が一変。予期せぬ恋を前にあわてふためきながらも、恋に立ち向かう“崖っぷちロマンス”が描かれる。

監督に大九明子
監督は、『勝手にふるえてろ』を代表作に、『美人が婚活してみたら』『甘いお酒でうがい』といった話題作を手掛けてきた大九明子。原作を初めて読んだ際に、即実写化を臨んだという大丸のもとには、個性豊かな人気キャスト勢が集結した。

登場人物/キャスト“愛されおひとりさまヒロイン”に、のん
主人公の黒田みつ子を演じるのは、劇場アニメ『この世界の片隅に』で主人公の声を務めたことも記憶に新しい、人気女優・のん。20代の恋愛のように勇敢に立ち向かえず、“キャパオーバー”寸前のみつ子のリアルな姿は、同世代の女性から共感を得ること間違いなし?!どこかひねくれているけれど、思わず応援したくなる“愛されおひとりさまヒロイン”を演じる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.