くらし情報『イザベル マラン 2021-22年秋冬コレクション - あらゆる時代のカルチャーを渡り歩く』

2021年3月13日 15:10

イザベル マラン 2021-22年秋冬コレクション - あらゆる時代のカルチャーを渡り歩く

イザベル マラン 2021-22年秋冬コレクション - あらゆる時代のカルチャーを渡り歩く

イザベル マラン(ISABEL MARANT)は、2021-22年秋冬コレクションを発表した。

“過去のビジョン、もしくは未来への投影”
今シーズンのキーワードは、“過去のビジョン、もしくは未来への投影”。この曖昧な景色をシルエットやカラー、プリントで表現したコレクションに仕上げている。イメージソースとなったのは、ギタリスト ジミ・ヘンドリックス(Jimmy Hendrix)やロック・シンガー ジャニス・ジョプリン(Janis Joplin) などが牽引した60年代のフォークスタイルと自由至上主義の精神、テンポの早いガバ(Gabber)シーンのテクノミュージック、90年代に一世を風靡したサブカルチャー。あらゆる時代のカルチャーをミックスさせて多彩なワードローブを生み出した。

ヴィヴィッドカラーのフラワーモチーフ
エネルギッシュなヴィヴィッドカラーが印象的な今シーズン。ピンクやパープルで構成したフラワーモチーフや、生い茂るようなグリーンを添えた花柄プリントが、マキシ丈のワンピースやシースルー素材のブラウスなどに登場する。

メリハリのあるシルエット
ゆったりとした肩周りに対してウエストをキュッと絞るなど、メリハリのあるシルエットも印象的だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.