くらし情報『『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』 “眠り”の世界へいざなうコンサートの魅力とは』

2021年3月12日 12:00

『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』 “眠り”の世界へいざなうコンサートの魅力とは

『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』


1966年ドイツ・ハーメルン生まれの作曲家マックス・リヒターをご存知だろうか。クラシック音楽とエレクトロニック・ミュージックを融合させた音楽、いわゆる「ポスト・クラシカル」の旗手と呼ばれる人物だ。

その彼のライフワークと言える「眠り」をテーマにした音楽と、その効果を実証するかのような“真夜中のコンサート”の模様を描いたドキュメンタリー映画が公開される(3月26日よりロードショー)。音楽、特にクラシックは“かしこまって静かに聴く”といったイメージの対極にある「眠り」のためのコンサートでは、会場である野外パークに集まった人々が、用意された簡易ベットの上で、深夜から朝までの時間を思い思いに過ごすのだ。

生演奏が延々と続く中で人は一体何を感じ何を思うのか。ロサンゼルスの野外グランド・パークやシドニーのオペラ・ハウス、さらにはアントワープの聖母大聖堂など、さまざまな会場において行われる“眠り”と“目覚め”が、マックス・リヒターの人生を重ねながら描かれる本作は、まさに心地よい「眠り」を求める現代人に向けた「マックス・リヒターからの招待状」に違いない。

『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』 “眠り”の世界へいざなうコンサートの魅力とは

(C)2018 Deutsche Grammophon GmbH, Berlin All Rights Reserved
『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』 “眠り”の世界へいざなうコンサートの魅力とは

(C)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.