くらし情報『プラダ 2021-22年秋冬コレクション - 身体と服の探求再び、中間地点を求めて』

2021年3月18日 11:50

プラダ 2021-22年秋冬コレクション - 身体と服の探求再び、中間地点を求めて

プラダ 2021-22年秋冬コレクション - 身体と服の探求再び、中間地点を求めて

プラダ(PRADA) 2021-22年秋冬コレクションが発表された。ミウッチャ・プラダとラフ・シモンズが共同クリエイティブディレクター体制となったデビューシーズンに続く、2シーズン目のコレクションとなる。テーマは、「POSSIBLE FEELINGS Ⅱ: TRANSMUTE」。

グラフィカルなボディスーツ
メンズコレクション同様、「個人の身体性」に焦点を当てた今シーズンは、身体にフィットするジャカードニットのボディスーツを象徴的に起用しているのが特徴。まるで“第二の皮膚”のように、ぴたっとフィットするこれらのボディスーツは、グラフィカルな模様を乗せることで、モデル達の身体の動きを鮮明に浮彫にする役割を担う。

ジャケットスタイルと融合
中でも印象的だったのは、本来クラシカルな印象を与えるテーラードジャケットスタイルとのドッキングだ。ジャケットの袖は肘上までラフにたくし上げ、膝丈のボトムスは大きな切れ込みを入れたルックは、従来のイメージを覆すアバンギャルドなスタイリングながら、逆説的に従来の制約から解放へと導く。そこから覗く鮮やかなボディスーツは、私たち本来が持つ身体の自由を、より一層生き生きと映し出しているようにも感じられる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.