くらし情報『小松マテーレの新ブランド「マテモノ」建築着想プリーツバッグなど、石川の工房一体型店舗モノーボで』

2021年7月1日 19:40

小松マテーレの新ブランド「マテモノ」建築着想プリーツバッグなど、石川の工房一体型店舗モノーボで

小松マテーレの新ブランド「マテモノ」建築着想プリーツバッグなど、石川の工房一体型店舗モノーボで

ファブリックメーカーの小松マテーレから、新ブランド「マテモノ(mate-mono)」が誕生。石川県能美市にオープンするファクトリーショップ「モノーボ(mono-bo)」にて販売される。なお、2021年10月1日(金)にはファブリックラボラトリー「ファーボ」がリニューアルオープンを迎える。

新ブランド「マテモノ」デビュー
小松マテーレ初となる工房一体型ショップ「モノーボ」のオープンと同時にデビューする「マテモノ」は、"アップサイクル"をキーワードにサスティナブルかつデザイン性の高いアイテムを展開する新ブランド。"モノ作り"の第一弾として、繊維素材の特性を生かした、ユニークなバッグ類を取り揃える。

「ファーボ」建築着想のプリーツバッグ
小松マテーレ本社の敷地内にあるファブリックラボラトリー「ファーボ(fa-bo)」は、建築家・隈研吾が設計を手掛け、世界で初めて炭素繊維の組紐を用いて耐震補強工事した建物。そのユニークな建物構造から着想した「ファーボバッグ」は、光沢感のある生地にプリーツ加工を施した建築的なデザインに仕上げられている。

切れ端で"あんだ"バッグ
マスクインナーの製造過程で余った切れ端を使用した「あんだバッグ」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.