くらし情報『ガブリエル・シャネル“ファッション哲学”に迫る展覧会、三菱一号館美術館で - スーツや香水「N°5」』

2021年9月16日 10:25

ガブリエル・シャネル“ファッション哲学”に迫る展覧会、三菱一号館美術館で - スーツや香水「N°5」

ガブリエル・シャネル“ファッション哲学”に迫る展覧会、三菱一号館美術館で - スーツや香水「N°5」

展覧会「ガブリエル・シャネル展 ― Manifeste de mode(仮称)」が、2022年6月18日(土)から9月25日(日)まで、東京の三菱一号館美術館にて開催される。

ガブリエル・シャネル、日本で32年ぶりの回顧展
「ガブリエル・シャネル展 ― Manifeste de mode(仮称)」は、シャネル(CHANEL)の創設者であるガブリエル・シャネルのクリエーションやファッション哲学に焦点を当てた回顧展。ガリエラ宮パリ市立モード美術館で開催された、「Gabrielle Chanel. Manifeste de mode展」を日本向けに再構成した国際巡回展となる。日本で同様の展覧会が開催されるのは、32年ぶりだ。

「20世紀で最も影響力の大きい女性デザイナー」とも称されるガブリエル・シャネルは、実用性や快適さを実現した、シンプルかつ洗練された女性服を提案。活動的な女性像を打ち出し、1920年代当時の新たな流行を先導した。また、戦後には、ガブリエル・シャネル自身がツイードのスーツを着こなして“ファッションアイコン”としてスタイルを確立し、ファッション界を牽引した。

リトル・ブラック・ドレスや「シャネル N°5」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.