くらし情報『愛犬の姿を見て、飼い主が悲鳴 その理由は…?』

2021年12月20日 18:01

愛犬の姿を見て、飼い主が悲鳴 その理由は…?

愛犬の姿を見て、飼い主が悲鳴 その理由は…?

寒い季節は静電気が発生しやすい時期。

特に、温かいフリース素材のブランケットや衣服をまとっていると、ふとした瞬間に、静電気がバチッと発生しますよね。

犬日記ボルテッカー

イラストレーターのヤシン(@Y_ashi_n)さんの愛犬は、冬場になると静電気を帯びやすいそうです。

愛犬の姿を見て、飼い主が悲鳴 その理由は…?

お気に入りの毛布から出てきた愛犬の毛は、静電気を帯びてふわふわの状態。触った瞬間にバチッとなるでしょう。

しかし、静電気が発生することを特に気にしていない愛犬は、お構いなしにヤシンさんへ突撃!

「来なくていい!ああああ!」という叫びの後、静電気による衝撃を受けたことが容易に想像できますね。

冬の時期は多くの飼い主が、静電気に耐えながら、ペットとの触れ合いを楽しんでいるかもしれません。

[文・構成/grape編集部]

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.