くらし情報『切れ味の悪くなった包丁はコレで復活 裏技に「すぐやってみたい」「助かる」』

切れ味の悪くなった包丁はコレで復活 裏技に「すぐやってみたい」「助かる」

具体的なやり方は、以下を参考にしてみてください。

1.まず大根を輪切りにして下さい。

2.大根の輪切りの表面にクレンザーをふって下さい。

3.軽く濡らした包丁をまな板の上に置いて、大根を包丁の刃先に当てて剣先に向かうように上下させて下さい。

京都府ホームヘルパー連絡協議会ーより引用

大根を使って、包丁の刃をクレンザーで磨くような動作をイメージするのがおすすめです。用意する大根は、1㎝程度の厚みがあったほうが作業しやすいでしょう。手でつかんで動作できればOKなので、端や根の部分でも問題ありません。

大根に含まれる適度な水分がクレンザーと合わさって、包丁の刃を研いでくれるでしょう。
大根に含まれる繊維がクレンザー成分をキャッチしてくれるので、しっかりと磨けます。

包丁の切れ味を保つためには、こまめなメンテナンスが必須です。自宅にあるものを使って手軽に実践できる方法であれば、お手入れを負担に感じる恐れもありません。

京都府ホームヘルパー連絡協議会公式サイトが教えてくれている情報も参考にして、包丁の切れ味をキープしてみてください。

[文・構成/grape編集部]

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.