くらし情報『狩猟の世界を知る!子供たちが本から学ぶ職業体験』

2020年5月26日 04:30

狩猟の世界を知る!子供たちが本から学ぶ職業体験

※写真はイメージ

京都で猟師をされている千松信也(@ssenmatsu)さんは、鉄砲を使わずに鹿・猪のわな猟、鳥の網猟をしています。

そんな千松さんが出版した『自分の力で肉を獲る 10歳から学ぶ狩猟の世界』(旬報社)。


狩猟は大人(18歳以上)になってからですが、猟の獲物の解体は子どもでもできるそうです。

千松さんの小学生の息子さんたちは解体作業の手伝いなどして、すでに戦力になっているとのこと。

この本は、動物の痕跡の見つけ方や罠の仕掛け方、獲物を仕留める方法、解体までの方法が写真や図など使用し、分かりやすく描かれています。

「甥っ子の11歳の誕生日プレゼントはこれに決まりです!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.