くらし情報『子犬に飼い主に届いた手紙 10歳の少年のピュアなお願いにみんなが笑顔に』

2020年5月25日 16:37

子犬に飼い主に届いた手紙 10歳の少年のピュアなお願いにみんなが笑顔に

arthurthefloof

アメリカ・シカゴで優しい家族とともに暮らしているゴールデンレトリバーのアーサー。

新型コロナウイルス感染症がまん延する中、アーサーの家に1通の手紙が届きました。

差出人はなんと10歳の男の子。手紙にはこう書かれていました。


こんにちは隣人さん。

僕の名前はトロイです。小学4年生です。

もしかしたらこのウイルスの状況が終わったら、あなたにはドッグシッターが必要じゃないかなと思いまして。

もしそうなら僕があなたの犬を散歩に連れて行くなど、いろいろとお手伝いができます。

arthurthefloofーより引用(和訳)

その手紙は近所に住んでいるトロイくんという少年から、アーサーのドッグシッター(犬の子守り)の申し出だったのです。

トロイくんはきっとかわいいアーサーのことを見かけて、一緒に遊びたいと思ったのでしょう。

そして面識のないアーサーの飼い主さんに宛てて、思い切って手紙を書いたのでしょうね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.