くらし情報『店員と会話をしないでお酒を楽しむ常連客 ある日、声をかけられ衝撃の事実を知る』

2020年7月29日 15:45

店員と会話をしないでお酒を楽しむ常連客 ある日、声をかけられ衝撃の事実を知る

※写真はイメージ

立ち飲み形式の店に、週に1度の頻度で行っているという漫画家の忍田鳩子(@oshidahatoko)さん。

何年も通っているため、何も注文しなくても希望のお酒を出してくれるといいます。

しかし、忍田さんには店にいる間、あえて店員と会話しないようにしていたとのこと。

忍田さんは、店でずっと本を読んで何も会話せずに帰るというルーティンが至福なのです。

しかし、ある日ミャンマー人の女性店員が忍田さんに話しかけてきたといいます。そこで、忍田さんは、ある事実を知ったそうです。

「お姉さん。私、今日でここ終わりです。私、お姉さん来るといつも読んでいる本見て、同じの探して買って読んでいました。おもしろかったです。ありがとうございました」

忍田さんの読んでいる本を見て、自分もこっそり読んでいたという店員。

店を辞める前に、その思いを忍田さんに伝えたかったのでしょう。

動揺を隠せず驚く忍田さんは、店長にも聞いたところ、「俺もお下がりでもらって読みましたけどあの本いいですね」と、店員たちの間でも本が共有されていた様子。

忍田さんは「笑顔の素敵なお嬢さんの人生に幸あれ」とコメントし、その日に読んでいた本を最後に渡そうかと検討したそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.