くらし情報『セミにトラウマがある犬 とった行動に「申し訳ないけど笑った」』

2020年8月21日 11:47

セミにトラウマがある犬 とった行動に「申し訳ないけど笑った」

セミにトラウマがある犬 とった行動に「申し訳ないけど笑った」

夏になると、いたるところに落ちているセミの亡骸、通称『セミ爆弾』…。

やっかいなのは、息絶えたセミかと思って近付いた瞬間、大きな鳴き声を鳴らしバタバタと暴れまわるところです。

巷では、その様子を、『最期(ファイナル)の手前』とセミをかけて、『セミファイナル』なんて呼ぶ人もいるほど。

毎年、多くの人に恐怖とトラウマを植え付けているセミ爆弾ですが、被害者は決して人間だけとは限らないようです…。

セミ爆弾がトラウマになってしまった犬

過去に、セミ爆弾のトラップにひっかかってしまった、rose(@rosetheme_)さんの愛犬のジェスちゃん。

恐れを知らなかった当時のジェスちゃんは、セミ爆弾に近付き鼻先でつついてみたといいます。しかし、それが過ちでした…。

瀕死の状態のセミは気力をふりしぼって、爆発!

「グギギギギギギ!!!」と大絶叫してバタつくセミは、ジェスちゃんにトラウマを植え付けたのでした。

そして2020年の夏…セミ爆弾を目の前にしたジェスちゃんの姿をご覧ください。


セミ爆弾と距離を取り、そそくさと走り去っていくジェスちゃん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.