くらし情報『「富山は古くから…」 続く言葉に、外国人の先生の顔がひきつった』

2020年9月5日 17:05

「富山は古くから…」 続く言葉に、外国人の先生の顔がひきつった

※写真はイメージ

「あなたが暮らす地域の名産品や特色を、英語で紹介してください」

英語の授業や英会話講座の中で、よく聞く問題の1つです。

ある程度の英語力があれば、難なく答えられそうなこちらの問題。しかし、日本人だからこそおちいりがちな『落とし穴』がありました…!

seaside(@seaside_rs)さんが投稿した、中学生時代の英語の授業でのエピソードをご紹介します。

言っていることは間違っていない、だけど…!

英語の授業中に出された「富山の有名なものを英語で紹介せよ」という問題に対し、『富山の売薬(富山の薬売り)』を紹介することにした当時の投稿者さん。

古くから『薬の街』として栄えてきた富山では、江戸時代の頃から、現在でいう『置き薬』『配置薬』のビジネスモデルが受け継がれてきました。

この『富山の売薬』を、投稿者さんが英語で紹介しようとしたところ…。

「富山は古くからドラッグの街として知られ、特に富山のドラッグディーラーは有名です」

薬を『ドラッグ(Drug)』に、薬売りを『ドラッグディーラー(Drug dealer)』と訳したために、富山が違法薬物であふれる治安の悪い地域と化してしまいました…!

日本では、薬局を意味する『ドラッグストア』が一般的に使用されているため、『薬=ドラッグ』と思ってしまうのは仕方がないこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.