くらし情報『秋の夜空に光々と輝く名月 コロナ禍を忘れて、静かに味わってみる』

2020年10月13日 06:44

秋の夜空に光々と輝く名月 コロナ禍を忘れて、静かに味わってみる

秋の夜空に光々と輝く名月 コロナ禍を忘れて、静かに味わってみる
秋の夜空に光々と輝く名月 コロナ禍を忘れて、静かに味わってみる

こんにちは、フリーアナウンサーの押阪忍です。

ご縁を頂きまして、『美しいことば』『残しておきたい日本語』をテーマに、連載をしております。宜しければ、シニアアナウンサーの『独言』にお付き合いください。

秋の夜空に光々と輝く名月 コロナ禍を忘れて、静かに味わってみる

名月を味わう

10月に入りますと41.1度を記録したこの夏の酷暑のことを忘れています。爽やかな涼しさ、初秋を感じるのは、やはり早朝と夜ですね。

吹く風の涼しさを肌で感じます。晩夏になると、夜は涼味が増し、虫の音(ね)も聴こえています。愈々(いよいよ)秋の夜長の始まりです。

さて、十五夜は10月1日で もう終わりましたが、この時季は『お月見の秋』と言ってもよいかも知れませんね。

秋の夜空に光々と輝く名月 コロナ禍を忘れて、静かに味わってみる

猛暑日の連続であったこの夏には、夜空の月を眺める というような気持ちにはなれませんでしたが、日が経って涼風の夜空にクッキリと輝く秋の月を眺めると、平安時代の「月を愛(め)でる」という風習を思い浮かべます。

平安のやんごとない貴族たちは、輝く月を見上げるだけではなく、川の水面(みなも)や盃の酒に映った月を愛でた と言われています。盃の酒の月、正に風流この上ない『月の宴(うたげ)』ですねぇ…。

お月見は、もともと収穫祭の意味合いの濃い秋の行事です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.