くらし情報『「助けて…」 放水路で動けなくなっていた子犬を保護した男性 その1年後?』

2020年11月25日 10:48

「助けて…」 放水路で動けなくなっていた子犬を保護した男性 その1年後?

rosie.theposie

2019年4月、シンガポールに住む男性が放水路で倒れている子犬を発見しました。そのメスの子犬は自力で起き上がることができず、助けを求めるように男性のことをじっと見つめていたのです。

男性は子犬を抱き上げてすぐに動物病院に向かいます。子犬は全身がダニやノミにまみれていたため、体をきれいに洗われた後、与えられた食べ物をあっという間にたいらげました。よほどお腹が空いていたのでしょう。

診察の結果、子犬はひどく衰弱しているため、「明日の朝までもたないかもしれません」といわれてしまったそうです。

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。


男性はその夜、子犬を家に連れて帰ります。彼は子犬を『ロージー』と名付け、水と食べ物をたっぷりと与えました。

すると獣医師の予想を裏切り、ロージーは翌日もその次の日もしっかりと生きていました。

しかしあまりにも衰弱していたため、彼女はなかなか立ち上がることができなかったのです。

それでも男性と彼の恋人はロージーの生きる力を信じて世話をし続けます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.