くらし情報『「その色は似合いません」 客の欲しい商品を否定した従業員、しかし後日…?』

2020年11月27日 18:41

「その色は似合いません」 客の欲しい商品を否定した従業員、しかし後日…?

と断言する従業員。本来欲しかった色とは違う色を勧められました。

しかし、後日、投稿者さんがプロにパーソナルカラーを見てもらったところ、従業員がいったのとは違う、ブルーベースだったことが判明したのです。

また、投稿者さんの友人は「肌に似合わないコスメは全部捨てないといけない」といわれたことがあるといいます。

「パーソナルカラーは、使っていい色を制限するものではない」と訴える投稿者さん。

漫画を読んだ人たちからも共感の声が寄せられていました。

・ほんとこれ!メイクは楽しければ何色だっていいと思う。

・パーソナルカラーに縛られないで好きな色を選ぶ権利があると思います。

・これはひどいな…。コスメを捨てるのだって簡単なことじゃないのに。

・感じていたモヤモヤがすべてこの漫画に詰まってる!

中には、従業員の立場から「パーソナルカラーで商品を諦める人もいる」「最近よく聞かれるけど好きな色を選んでほしい」といった声も寄せられていました。

パーソナルカラーはあくまで指標であり、必ずしも似合わないといった意味ではないでしょう。色が合わないからといって捨てたり諦めたりするのではなく、気分や服によって色を変えて楽しめるようになるといいですね。

[文・構成/grape編集部]

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.