くらし情報『歯の治療中に患者の体の上に乗っている犬 その理由がうらやましい!』

2020年11月30日 11:00

歯の治療中に患者の体の上に乗っている犬 その理由がうらやましい!

Fetch Dog Training LLC.

「歯医者が苦手」という人は少なくないのではないでしょうか。医療技術の進歩によって治療の痛みが軽減されても、歯の治療を怖いと感じる人は多いものです。

アメリカ・オハイオ州にある歯科医院『サレンズ・デンタル・スタジオ』では、そんな患者のためにあるサービスをしています。

この歯科医院では、セラピードッグの『ドワイト』が患者の緊張を和らげてくれるのです。

ラブラドゥードルのドワイトは『サレンズ・デンタル・スタジオ』で歯科衛生士をしている女性の愛犬で、2019年7月に歯科医院のメンバーに仲間入りしました。

Posted by Sulens Dental Studio on Tuesday, July 23, 2019Posted by Sulens Dental Studio on Tuesday, July 23, 2019
ウェブメディア『The Dodo』によると、ドワイトは生後12週の頃からプロのセラピードッグになるための訓練を始めたのだそう。

1歳になった現在も週に2回の訓練と、歯科医院での実習を続けているといいます。

ドワイトのトレーナーであるジェンセンさんいわく、彼は「間違いなくセラピードッグになるために生まれてきた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.