くらし情報『「もうさーーーーこういうのさーーーーー!!!」 お守りの『説明』に感極まったワケ』

2021年4月9日 11:22

「もうさーーーーこういうのさーーーーー!!!」 お守りの『説明』に感極まったワケ

「もうさーーーーこういうのさーーーーー!!!」 お守りの『説明』に感極まったワケ

2016年4月の熊本地震で、甚大な被害をこうむった熊本城。

重要文化財建造物の倒壊や、石垣の崩落、地割れなどが起こり、「地震前の状態に復旧するには20年かかる」といわれています。

復興のシンボルである天守閣の復旧を最優先として作業を進め、2021年には公開できるエリアも増えてきました。

しかし、まだ多くの支援を必要としている状態です。

熊本城で売っていたもの

熊本県に観光に行った際、熊本城を訪れたライカ(@raika0409)さんは、そこで発見したあるものに心打たれたといいます。

復興の想いが強いほど、涙腺に来るお土産がこちら。

「もうさーーーーこういうのさーーーーー!!!」 お守りの『説明』に感極まったワケ
「もうさーーーーこういうのさーーーーー!!!」 お守りの『説明』に感極まったワケ

ライカさんが発見したのは、『熊本城瓦御守』。

発売している『一般社団法人BRIDGE KUMAMOTO』によると、このような意味が込められたお守りなのだとか!

熊本城瓦御守は、熊本地震で使われ、廃棄予定であったブルーシートを回収・洗浄し、縫製しました。

また、御守のなかには、熊本城の被災した瓦が入っており、

二度と落ちない「後来不落(こうらいふらく)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.