くらし情報『夜通し飲んで感染 医師がもらした本音に同情の声』

2021年5月5日 18:03

夜通し飲んで感染 医師がもらした本音に同情の声

※写真はイメージ

2021年5月11日までの期限で東京・大阪・兵庫・京都の4都府県に発令している緊急事態宣言を、政府が延長する方向で調整に入ったことが分かりました。

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の感染拡大を受けて発令された緊急事態宣言ですが、感染者数は増加の一途をたどり、事態収束の兆しは依然として見えていません。

医療現場のひっ迫も深刻化しており、同月4日放送の情報番組『スッキリ』(日本テレビ)に出演した日本感染症学会の指導医、水野泰孝医師の発言に「考えさせられる」とのコメントが寄せられています。

水野医師「本当に、やってられない」と本音をポツリ

この日の放送では、コロナウイルスに感染した女性のインタビュー映像が流されました。

女性は飲食店に時短営業の要請が出ていた期間、満席状態のバーで22時以降まで飲酒。その結果、コロナウイルスに感染し、嗅覚の異常が続いているといいます。

涙ながらに後悔の念を口にする女性のインタビュー映像を受け、水野医師は「お店だけや、お客さんだけを責めてもいけない」とした上で、こうも続けました。

我々医療者の立場からすると、患者さんを責めることはできないんですが、ただ、こういった方はすごく多くてですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.