くらし情報『自由で高給でも・・・知っておくべきベンチャー企業のデメリット3つ』

2016年3月14日 12:15

自由で高給でも・・・知っておくべきベンチャー企業のデメリット3つ

目次

・賃貸契約などで戸惑われる
・「大手企業主義」の人にバカにされる
・退職金が出ない
自由で高給でも・・・知っておくべきベンチャー企業のデメリット3つ


最近は大手の有名企業だけでなく、ベンチャー企業を選ぶ人も増えてきていますよね。

ベンチャー企業は変化と可能性に富んでいて、若いうちからいろいろなことに挑戦できたり、古い企業に比べて柔軟な社風であるなど、様々な魅力があります。しかしその一方で、まだまだ新しい会社であるため、色々な問題がつきまとってくることもあります。

今回は、「ベンチャー企業に就職するデメリット」を考えてみたいと思います。

■賃貸契約などで戸惑われる

「4月からベンチャー企業に入社することになり、会社の近くで物件を探していたんだけど、審査時に勤務予定の会社の名前を書いて出したら、不動産屋さんがちょっと怪訝な顔をしていた。結局不動産屋さんがリサーチしてくれて審査は通ったけど、なんかショック。比較的新しくて名前も売れてない会社だから仕方ないんだけど…」(24歳・大学院生)

賃貸等を契約する際に、勤務先の会社名があまり有名でないと、特に年齢の高い不動産屋さんなどでは「それ、何の会社?」「何売ってるの?」など、ちょっと怪訝な顔をされることもあるようです。

もちろん、それだけで審査に落とされることはなさそうですが、明らかに戸惑われて気持ち的にショック…という思いをした人も多いようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.