くらし情報『本当にきついだけ?「週6日勤務」におけるメリットをひねり出してみた』

2016年5月10日 08:00

本当にきついだけ?「週6日勤務」におけるメリットをひねり出してみた

目次

・生活のリズムの狂いが少なくて済む
・1日分の仕事量を小分けにできるため、仕事が丁寧になる
・土日出勤日は周りが休みなので仕事が捗ることもある
本当にきついだけ?「週6日勤務」におけるメリットをひねり出してみた

土日休みの週休2日制が導入されていた学生時代。土曜日に半日授業が実施されていたことをぼんやり覚えている程度のハナクロ世代にとっては、いざ就職となって「いまどき週休1日ってあるのかよ!」とツッコミを入れたくなる人も多いのではないでしょうか。サービス業をはじめとするシフト勤務をとる企業など、就業規則によっては合法となるので普通に存在している「週休1日制」の企業。「週休1日で身体が休まるのか」「週休1日にメリットなんてあるのか」といった声もありますが、ここではそんな何のメリットもなさそうな「週休1日」を敢えてポジティブにとらえ、「週休1日制(週6日勤務)」を有効に活用する方法を考えてみました。

■生活のリズムの狂いが少なくて済む

週休2日だと土日に遊びすぎて無駄にパワーを消費してしまい、翌日身体が疲れてしまいがちです。ただでさえ憂鬱な気分になりがちな週明けの出勤日。そんな気分でなおかつ身体の疲れも引きずっているとさらにテンションを下げてしまいます。その点週6日勤務の場合、休みは1日と短くなってしまいますが、その分生活のリズムが大きく狂うことはほとんどありません。体が慣れてしまえば週5勤務よりも、規則正しく生活スタイルを一定に保つことができるのかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.