くらし情報『芸人から名脇役に!千原ジュニア妻に「どろぼう猫」と言った三浦誠己』

2018年8月27日 06:00

芸人から名脇役に!千原ジュニア妻に「どろぼう猫」と言った三浦誠己

芸人から名脇役に!千原ジュニア妻に「どろぼう猫」と言った三浦誠己


「顔は知っているけど、名前が浮かばない、というポジションでいたいんです。そのとき刑事役だったらあくまでその刑事さんとして見てほしいですね」

そう語るのは俳優の三浦誠己(42)。’03年に芸人から俳優に転身。今や100本以上の映画に出演する名バイプレーヤーとして活躍中だ。

映画『検察側の罪人』(8月24日公開)では橘事務官(吉高由里子)に近づく謎の男・船木を演じている。原田眞人監督作への出演は、昨年公開された映画『関ヶ原』に続いて2作目となる。

「原田組にまた参加させていただき光栄です。僕のシーンは少ないのですが、不気味な感じが出ていたらいいなと思っています」(三浦・以下同)

極道や刑事など、強面の役を演じることが多いが、実際は人懐こそうな笑顔の持ち主。千原ジュニアは三浦を格別にかわいがり、三浦が結婚するときには奥さまに「どろぼう猫」と言ったとか。

「ジュニアさんが大変な事故に遭われたとき、そばにいたんです。入院中はジュニアさんが欲しいものを買いに行き、退院してからは車いすを押したりしていました。そのころから特に親しくさせていただいています」

芸人を辞めても、懇意にしていた木村祐一板尾創路の作品に出演するなど、人とのつながりが三浦の演技の幅も広げている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.