くらし情報『100円専門店、ロボット…平成で進化した「お掃除グッズ」の歴史』

2019年3月10日 11:00

100円専門店、ロボット…平成で進化した「お掃除グッズ」の歴史

100円専門店、ロボット…平成で進化した「お掃除グッズ」の歴史


「大掃除は年末にするものと思い込んでいませんか?でも実は、年度末に当たる春先のほうが大掃除のメリットは断然大きいんです。たまった不用品の処分、汚れの落としやすさなどを考えると、大掃除にもっとも適した季節は春といえます」

こう話すのは、All About家事・掃除・子育てガイドの藤原千秋さん。年末は時間が足りず十分な大掃除ができなかったり、インフルエンザで寝込んで掃除どころではなかった、なんて人も多いはず。そんな人にとって、春は気になっていた汚れを一掃するチャンスといえそうだ。

「さらに今年は平成最後という節目の年。家の中を総ざらいして、気持ちを新たにする絶好の機会となるでしょう」(藤原さん・以下同)

スマホをはじめ、平成の30年のうちに進化した生活ツールは数知れず。掃除機も平成の間に目を見張る進化を遂げたもののひとつだ。

「平成に入って新しく登場したコードレススティックタイプの掃除機、ロボット掃除機は、いうまでもありません。そもそも、こうした新型掃除機をリードするダイソン、アイロボット、またミーレやエレクトロラックスなどの海外メーカーが日本の市場に参入し、人気を博すようになったのも、平成になってからですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.