くらし情報『霜降り明星が凍った失敗 政治語るたけし突っ込み静まり返る』

2019年3月12日 20:36

霜降り明星が凍った失敗 政治語るたけし突っ込み静まり返る

霜降り明星が凍った失敗 政治語るたけし突っ込み静まり返る


3月11日、『しゃべくり007』(日本テレビ系)にお笑いコンビ・霜降り明星が出演。そこで粗品(26)が以前ビートたけし(72)に思わずしてしまった”失礼なツッコミ”を明かし、話題になっている。

M-1で優勝した霜降り明星は、3か月で120本以上のテレビ番組に呼ばれることに。しかし出演したものの失敗した番組もあるといい、「手応えなかった番組ランキング」を公開した。

問題の番組は2位の『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ系)。刑務所から囚人が脱走するVTRをスタジオで見ていたところ、「そういえばトランプがいまアメリカに壁作ろうとしてるだろ。あれどうなんだよ」とたけしが発言。所ジョージ(64)も「そうですよね~」と応じ、トランプ政権など、アメリカの政治の話がずっと続いたという。

「ボケてはんねや。芸人はぼくたちだけ…」ツッコミを求められていると思った粗品は、意を決して「ずっと何の話しとんや!!」と大声で叫んだ。ところが会場は静まり返ってしまったという。たけしは真面目に話していただけで、笑いをとるつもりはなかったのだ。

所が「いやーでもね、これがいいんだよ」と静寂を破り、たけしも笑っていたため、なんとか場は収まったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.